イビサクリームって生理中でも大丈夫?気を付けることは?

イビサクリームって生理中でも大丈夫?気を付けることは?

イビサクリームの人気がとっても高いのは
美白効果が期待できることももちろんですが、
製品がとってもやさしくできているのも人気の秘密です。

 

デリケートゾーンに直接塗って使うものだからこそ、
出来るだけ体にやさしく作られているんです。

 

 

でも、女性が気になるのは肌がとっても敏感になる生理中ですよね。
その間もイビサクリームを使っていいのでしょうか?

 

 

イビサクリームって生理中でも使って大丈夫なの?という素朴な疑問

 

結論からいうと、生理中は基本的に大丈夫です!
でも、生理期間以外に気を付けないといけない期間があるんです。
それを順をおって解説していきましょう。

 

イビサクリームについてまず知っておいてほしいのが「5つのフリーという言葉。
「合成・香料フリー、アルコールフリー、パラべンフリー、着色料フリー
鉱物油フリー」で出来ています。
また、安心の完全日本国内生産です。
赤ちゃんでも使えるくらいやさしいんですよ。

 

とはいっても、生理中の肌はとっても敏感ですよね。
ホルモンも変化しますので、本当にダイジョブかなぁ?って気になりますね。
ここでは「生理中にイビサクリームを使えるのか」を一緒に解明していきましょう。

 

生理のことよくわかってる?4つの周期って?

 

まずは生理中と一口にいっても、4つの周期があるのをご存知ですか?

 

月経期
卵胞期
排卵期
黄体期

 

ですね。基礎体温をつけている人はなじみがある名前だと思います。
この4つの周期が健康な人では平均28日サイクルで訪れます。

 

月経期はそのままですが、月経、つまり生理が来ている状態ですね。
卵胞期は新しい卵子を送り出す準備をしている時期、
排卵期は卵子が送り出される時ですね。一番妊娠の確率が高い時期です。
そして黄体期は不要になった卵子を排出する準備をしているときです。

 

 

この中で、月経前症候群(PMS)に悩まされてしまったり
肌が荒れやすくなってしまう時期が排卵期と黄体期です。
肌がとにかく敏感になってしまう時期なので、
イビサクリームの使用は気を付けたほうがいいと言われています。

 

ずっと使っていて異常がないとはっきりしている人は別ですが
新しく使い始めるのはこの時期は避けたほうがよさそうですね。
もともと使っている化粧水でもピリッと刺激を感じたりしたことがありませんか?
それはだいたい排卵期か黄体期じゃなかったですか?

 

 

 

じゃ、生理中でもそれ以外でもいつイビサクリームを使うのが効果的?

 

上の周期でいうと、月経期と卵胞期が一番適しているといわれています。

 

 

基礎体温を付けている人でいうと、体温がぐっと下がってくる時期ですね。
そこがお肌のお手入れのチャンス!エストロゲンが活発化し、
体の調子もお肌の調子もいい時期ですね。
ダイエットにも効果的だと言われている時期です!
自分磨きをするのはここですね。

 

ただ、月経周期は人によってそれぞれですし、基礎体温をずっとつけている人以外は
自分の黄体期がいつからなのかを把握している人はいないと思います。
また、生理というのはちょっとした生活の乱れやストレスにも影響を
受けますから、いつも同じサイクルでやってくるとは限りません。

 

 

自分の生理周期をしっかり把握し、体のことを分かっておくためにも
一度かかりつけのお医者さんと自分の生理周期のことを
確認してみるのもいいかもしれませんね。

 

まとめると、生理中は月経期にあたるためイビサクリームの使用をしても
特に問題はないことになります。ただ、生理ナプキンの使用などで
蒸れることが多いので、イビサクリームの使用後はしっかりと乾燥をするまで
待ってあげるなどの工夫は必要かもしれませんね!

 

 


⇒生理周期をしっかり把握し効果的に美白を!この製品の詳細はこちらです。

イビサクリームの生理中、黒ずみに関する記事です。